FXドル円 今週のトレード戦略

FX_第一章【基礎を学ぶ】

初めてFXについての実績と翌週の展望をまとめます。できれば毎週日曜日はこの内容を更新していきたいと考えています。

先週の相場振り返り

画像に示してあるのは、ドル円4時間足のチャートです。先週の範囲は4時間足だと30本分です。

インジケータは移動平均線。平均線を3本表示してありますがそれぞれ以下のようになっています。

 ・水色線:12本平均線(2日間分)

 ・赤色線:30本平均線(5日間分=1週間分)

 ・緑色線:120本平均線(20日分=1か月分)

オシレータはMACDで設定は画像の通りです。

138円にチャレンジするも届かず失速、133.5円でひげを作り反転し、週末にかけて戻しの上昇中といった値動きでした。

先週の実績【良かった点と悪かった点】

先週はショート狙いで行く作戦でした。前週金曜日に急騰したこと、MACD線がかなり高い水準にいたことが根拠でした。

月曜日

 目線:ショート

 根拠:前週の結果

 結果:何度かショートを試みたが、建値決済または損切になった。

 良かった点:損切はこまめに出来た。

 悪かった点:エントリーが早すぎた。

 感想:MACDを根拠にしていたので、デッドクロス出現までエントリーは待つべきだった。

火曜日

 目線:ショート

 根拠:前日と同じ。

 結果:MACDも折り返しの傾向がみられたタイミングでエントリー。指標直後に利確。

 良かった点:期待通りに値動きがあった。

 悪かった点:利確が早すぎた。

 感想:指標で急変動した場合はその後もトレンドを作っていくことが多いので、うまくポジション取れていた場合は長いこと持っていてもよいかとも思った。

水曜日

 目線:ロング

 根拠:直近高値の更新、安値の切り上げ。それと30本平均線での反発を期待

 結果:最初に持ったロットがエントリータイミングが悪かったため含み損になったが損切をしなかった。その後エントリーしたロットでこまめに利確していたが、いくつかのロットを翌日に持ち越した。

 良かった点:利確をこまめに行って損失を補填した。

 悪かった点:目線が違っていた場合は、損切しその日のトレードは一旦やめるべきだった。

 感想:損切をしなかったのは戦略ミス。しかしその後も目線の見直しをしないまま突き進んだので苦しいトレードが続いてしまった。

木曜日

 目線:ロング

 根拠:120本平均線での反発を期待

 結果:前日に続き含み損分を取り戻すため利確をこまめに行った。しかしロングポジションと逆行した値動きだったので含み損はさらに増えた。

 良かった点:利確をこまめに行って損失を補填した。

 悪かった点:目線が違っていた場合は、損切しその日のトレードは一旦やめるべきだった。

 感想:早いタイミングで損切りをして戦略を立て直せればもっと楽にトレードができたと思う。

金曜日

 目線:ロング

 根拠:MACDの反転

 結果:指標のタイミングで急騰し、このタイミングで持っていたロットは全決済

 良かった点:期待通りに値動きがあった。

 悪かった点:特になし

 感想:MACDの反転が見られたタイミング、前日の133.5の下ひげで追加でロングは入れればなおよかった。しかしポジションが含み損だらけで追加エントリーのリスクは取れなかった。

土曜日

前日からのロング目線継続していたのでロングエントリーしたのですが、週跨ぎのリスクを避けて決済しました。

今週の展望

基本的にロング目線継続で考えています。もし下落していった場合でも133.5円を下回らない限りは週末の目線であるロング狙いでいきたいです。

上限は一旦138円付近で見ています。

もし138円付近まで上がったら様子見して、そこで跳ね返されるようですと大きな下落もあるのかなーなんて思っています。チャートは載せないですが週足で見たときに抵抗線になっているようにも見えるためです。

いずれにせよ来週はロング目線でスタートします。月曜日中にはエントリーをしていくつもりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました