FXドル円 今週のトレード戦略

FX_第一章【基礎を学ぶ】

先週の振り返りと、今週の戦略についてまとめておきます。

先週もまた前週の含み損ポジションの整理から始まりましたが、なんと3週連続で含み損ポジションを持ち越している状況です。この対応方法と次のトレードについて検討していきたいと考えます。

先週の相場振り返り

画像に示してあるのは、ドル円4時間足のチャートです。先週の範囲は4時間足だと30本分です。

インジケータは移動平均線。平均線を3本表示してありますがそれぞれ以下のようになっています。

 ・水色線:12sma(2日間分)

 ・赤色線:30sma(5日間分=1週間分)

 ・緑色線:120sma(20日分=1か月分)

 ・桃色線:200sma

オシレータはMACDで設定は画像の通りです。

月曜日に140.9円、水曜日にやはり140.9円の高値を付けて木曜日まで下落、金曜日の雇用統計の指標ではほとんど動かなかったものの、その後クローズに向けて一気に1円ほど円安方向に動いてクローズとなりました。一週間通すと値幅138.3円~140.9円でした。金曜日にドル買われており来週も継続しそうな空気です。

先週の実績【良かった点と悪かった点】

前週の含み損ポジションを月曜日朝に損切りしましたが、140.9円での損切りだったので結果的に天井での損切りとなっていました。そもそも含み損が膨らむまで保有したことのほうが問題なので損切り自体に後悔はないのですが、繰り返さないようにしたいです。

そのほか、今週だけのトータルはプラスになっていたのでこのまま継続してきたいです。

しかし、週途中で目線を下に切り替えると金曜日の暴騰を予想できずにショートポジションを持ち越してしまったため、含み損ポジションになってしまっています。

目線次第ではありますが膨らむ前に処理していきたいと思います。

月曜日

 目線:ロング

 根拠:前週の結果

 結果:朝のうちに損切りを実行。

 良かった点:なし。

 悪かった点:なし。

 感想:先週の負債をここで吐き出した。

火曜日

 目線:ロングとショートで迷いがあった。

 根拠:チャート、MACD どっちもあると思っていた。

 結果:迷いながらトレードをして連続で損切り注文に引っかかった。

 良かった点:機械的に損切りできた。

 悪かった点:迷いがあったので無理にエントリーする必要がなかった。

 感想:エントリーを繰り返してしまった。損失分を取り返そうとしたことが理由。

水曜日

 目線:様子見→ショート

 根拠:MACD、チャート

 結果:前日の反省を生かしひきつけてのエントリーをしたので、いくらかの利益を出すことができた。しかしエントリー数はとても多い。

 良かった点:ひきつけてのエントリーができた。

 悪かった点:エントリー回数は絞ったほうがよかった、特にロングエントリーはやめておいたほうがよかった。

 感想:損失を取り戻した過ぎてエントリーを繰り返してしまった。

木曜日

 目線:ショート

 根拠:MACD

 結果:狙い通りのトレードができていた。

 良かった点:ひきつけてのエントリーができていた。

 悪かった点:特になし。

 感想:この日はすべてうまくいっていた。

金曜日

 目線:ショート

 根拠:日足MACD

 結果:いくらか利益は出ていたが、夜の指標後に持ったポジションが寝た後に大きな含み損になっていた。

 良かった点:なし。

 悪かった点:指標後にポジションを持つのであれば損切注文を厳しめにしておいたほうがよかった。

 感想:損切注文幅が広くしてあったので、ギリギリかからず含み損の状態。

土曜日

 指値エントリー、ほぼ建値で決済されていた。

今週の展望

金曜日の暴騰はあったものの、目線は引き続き下で見ています。

142円くらいまで上がる可能性もあるとみているので、今のポジションは整理してもよいのですが、現時点ではそのまま持っておこうと考えています。

今週の戦略は下落待ち

新しいエントリーはあまりしないで、一週間通してショートポジションを育ててみようと考えています

もし雰囲気的に円安方向に行くようでしたら何らかの根拠で損切りしますが、ロングエントリーはやめておきます

コメント

タイトルとURLをコピーしました