FXドル円 今週のトレード戦略

FX_第一章【基礎を学ぶ】

先週の振り返りと、今週の戦略についてまとめておきます。

先週は指標が多くあって都度上げて下げてを繰り返していました。指標としては強い内容が多かったので上方向に動き、その後たたかれて下落しているように見えていましたので、売り優勢かな?という感触でショートでのエントリーをしていました。

とはいえ、目線は上のまま転換はしていなそうです。今週は今から本格的なロングは厳しいですので天井出現からの下落をイメージしていきます。現状円が買われる要素がなさそうなので、ショート入れるにしても小ロットで損切りも耐えられるようなロット管理は心がけます。

先週の相場振り返り

画像に示してあるのは、ドル円4時間足のチャートです。先週の範囲は4時間足だと30本分です。

インジケータは移動平均線。平均線を3本表示してありますがそれぞれ以下のようになっています。

 ・水色線:12sma(2日間分)

 ・赤色線:30sma(5日間分=1週間分)

 ・緑色線:120sma(20日分=1か月分)

 ・桃色線:200sma

オシレータはMACDで設定は画像の通りです。

1週間を通じて上げ下げしながら緩やかに上げていき、高値更新で週クローズとなりました。これで日足でも目線は上が私の中では確定しました。

先週の実績【良かった点と悪かった点】

週を通じて希望はずっと下落を待っていたのですが、一方でトレンドとしては上でした。

指標で上げたところを狙ってショートエントリーを繰り返し、含み損に耐えながらも建値付近で決済していた印象です。火曜日だけ少しうまく取れました。

金曜日寝る前に入れておいたショート指値がエントリーされていて60pipisほど含み損の状態です。

月曜日

 目線:ニュートラル

 根拠:チャート

 結果:エントリーなし。

 良かった点:

 悪かった点:

 感想:難しい場面でエントリーをする必要がなかったので、エントリーできなかった。

火曜日

 目線:ニュートラル

 根拠:チャート

 結果:狙い通りの短時間でのトレードでエントリーと利確ができた。

 良かった点:15分足チャートで狙っていたトレードを実行できた。

 悪かった点:余計なエントリーがなかった。

 感想:思った通りの値動きになったトレードだったのでうれしかった。

水曜日

 目線:ニュートラル

 根拠:チャート

 結果:結果的に建値付近で決済。

 良かった点:特になし。

 悪かった点:余計なエントリーだった。急な値動きに反発を予想して根拠の薄いエントリー。

 感想:振り返ると非常に危ない、含み損が資産の3%くらいまで含むも何とかロット調整しながら損が出ないように決済出来た。

木曜日

 目線:ニュートラル

 根拠:チャート

 結果:結果的に建値付近で決済。

 良かった点:特になし。

 悪かった点:余計なエントリーだった。急な値動きに反発を予想して根拠の薄いエントリー。

 感想:前日とほとんど同じ、寝ている間に指値でエントリーしたことが違いだが、日中大きな含み損に。目線が違っていたんですよね。

金曜日

 目線:ニュートラル

 根拠:チャート

 結果:結果的に建値付近で決済。

 良かった点:特になし。

 悪かった点:余計なエントリーだった。急な値動きに反発を予想して根拠の薄いエントリー。

 感想:3日連続で同じ傾向でしたが、この日は日中にエントリーがほとんどできなかったので、含み損後膨らむことはなかったけど、利益も伸びなかったのでいったん建値付近で決済。残りは持ち越しました。

土曜日

寝て起きたら持ち越しロットがでかく含み損になってびっくりしました。指標後に円が売られていったようですが、よくよく調べたら日中に日銀総裁のコメントが出ていて、円が売られていたようです。

チャートだけではなくてニュースも気にしておく必要があります。

今週の展望

日足MACDは引き続きクロスしていないのですが、形は完全に上向きになりました。さらに土曜日に直近高値更新したため、目線が再度上に変更になります。

仕方ないですが、ショートポジションは月曜日早々に整理していきます。

その後、ロングエントリーのチャンスをうかがいますが、4時間足レベルのエントリーポイントはこなそうなので、15分足~1時間足でエントリーポイントを慎重に探していこうと思います。

よほどの下落がなければ来週はロングエントリー縛りにしてみようと考えています。週足、日足が上目線なのでショートは分が悪いことが理由です。

タイトルとURLをコピーしました