FXドル円 今週のトレード戦略

FX_第一章【基礎を学ぶ】

先週の振り返りと、今週の戦略についてまとめておきます。

先週は指標が多くあって都度上げて下げてを繰り返していました。指標としては強い内容が多かったので上方向に動き、その後たたかれて下落しているように見えていましたので、売り優勢かな?という感触でショートでのエントリーをしていました。

とはいえ、目線は上のまま転換はしていなそうです。今週は今から本格的なロングは厳しいですので天井出現からの下落をイメージしていきます。現状円が買われる要素がなさそうなので、ショート入れるにしても小ロットで損切りも耐えられるようなロット管理は心がけます。

先週の相場振り返り

画像に示してあるのは、ドル円4時間足のチャートです。先週の範囲は4時間足だと30本分です。

インジケータは移動平均線。平均線を3本表示してありますがそれぞれ以下のようになっています。

 ・水色線:12sma(2日間分)

 ・赤色線:30sma(5日間分=1週間分)

 ・緑色線:120sma(20日分=1か月分)

 ・桃色線:200sma

オシレータはMACDで設定は画像の通りです。

今週も先週に続き、1週間を通じて上げ下げしながら緩やかに上げていき、高値更新で週クローズとなりました。

先週の実績【良かった点と悪かった点】

毎週恒例となってしまった月曜日に前週金曜日夜にエントリーした含み損を決済するところからスタートしました。

その後は、基本ロング戦略を予定通り展開しており、月曜日以外は利益が出ていました。

しかし、先週も金曜日寝る前に入れておいたショート指値がエントリーされていて70pipisほど含み損の状態で終えました。

月曜日

 目線:ロング

 根拠:チャート

 結果:前の週の負債を朝のうちに決済した。

 良かった点:損切に踏み切ったこと。

 悪かった点:

 感想:難しい場面でエントリーをする必要がなかったので、エントリーをしなかった。

火曜日

 目線:ロング

 根拠:チャート

 結果:あまり方向感がなかったのでこまめに利確と損切りをしていた。

 良かった点:チャートに張り付く時間があったので、利確はこまごまとれていた。

 悪かった点:エントリーが多すぎで分析が正しかったのかいまいちわからなかった。

 感想:休みだったのでエントリーが多くなった。

水曜日

 目線:ロング

 根拠:チャート

 結果:小さな利確はあったが、一日を通してトレードをする時間がなかった。

 良かった点:難しい場面でのエントリーはなかった。

 悪かった点:

 感想:前日の反動でエントリーはなかった。

木曜日

 目線:ロング

 根拠:チャート

 結果:狙いすましたエントリーができていた。

 良かった点:エントリー、決済ともに狙い通りのトレードができた。

 悪かった点:余計なエントリーも多かった。

 感想:狙いすましたエントリーは15分足でできた。こういたトレードのみ繰り返していけるように待つことも必要だと感じた。

金曜日

 目線:ロング、急激な変動による為替介入を期待

 根拠:チャート、ニュース

 結果:決裁した分についてはすべて建値で損切りだった。

 良かった点:

 悪かった点:決済は悪くなかったが、夜の急激なドル買いに対して逆張りとなる指値エントリーを複数ロットしてしまった。前週と全く同じだった。

 感想:寝る前に指値エントリーは今後禁止。

土曜日

エントリー、決済なし

今週の展望

週足、日足のチャート形状から引き続き上目線が続きます。

一時的な調整はあるでしょうが、145円、151円となる目安に向かって上昇していくとの見込みでいます。

持っているロットは至急決済し、ドル買いにポジション変更して週末まで保有でもよいかもしれないと思っています。

まずは月曜日、タイミングを見計らってロングに入っていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました