FXドル円 今週のトレード戦略

FX_第一章【基礎を学ぶ】

先週の振り返りと、今週の戦略についてまとめておきます。

6月末に145.000円を一時突破した後に月末に向けて少し円高に振れていましたが、先週は月初ということで新たなサイクルスタートと予想しており、ロングで攻めると決めていました。

そもそも日米の金利差から円安ドル高の傾向になりやすいため、ロングは最悪ポジションが悪くてもいつか助かる公算が高いので気が楽です。

今週は値動きとしては6月末からの流れを引きずり円高方向、特に金曜日の雇用統計の結果が悪く、指標後に大きく下落してクローズとなりました。

来週はトレンド転換しているかの見極めが必要なため、前半はトレードを控えておこうと思います。

それでは振り返っていきます。

先週の相場振り返り

画像に示してあるのは、ドル円4時間足のチャートです。先週の範囲は4時間足だと30本分です。

インジケータは移動平均線。平均線を3本表示してありますがそれぞれ以下のようになっています。

 ・水色線:12sma(2日間分)

 ・赤色線:30sma(5日間分=1週間分)

 ・緑色線:120sma(20日分=1か月分)

 ・桃色線:200sma

オシレータはMACDで設定は画像の通りです。

今週はついに水色/赤色のデッドクロスがみられてトレンド転換が疑われます。勢いがどのくらい出てくるか疑問はありますが、今週も流れを引きづると推測しています。

先週の実績【良かった点と悪かった点】

毎週恒例となっていた月曜日の大きな損切が無かったので、今週は収益は非常に良かったです。

前週金曜日クローズも含み損で終わっていたのですが、月曜日中に取り戻すことができました。

今週は目線は上のままでしたが、方向感としては値動きが下落方向に進んでいくのを感じながらのトレードでした。

実際、木曜日朝まではもみ合いの様相でしたが、そこからの上下動は激しく、結果として日足MACDのデッドクロスを確認した木曜日朝から土曜日朝にかけて2.5円の下落がありました。

できるだけ週ごとにポジションを決裁しておきたいと思いますが、今週も最後の最後で平均で100pipsほど含み損のロングポジションを持っている状況です。

含み損を持ち越すのは毎週のことなので手を打たないと本当にまずいです。

月曜日から金曜日までの目線推移

今週の展望

日足MACDのデッドクロス、4時間足でもトレンド転換が疑われるチャートとなっており、来週も引き続き円高方向への値動きが予想されます。

一方で手持ちのポジションはロングとなっていますが、長期目線ではまだまだ上目線継続ですのでほっとこうと思います。

このため、来週はどこまで掘るかわかりませんが、一切無視してトレードを控えます。

どこかでで反発したのを見計らって追加でロングエントリーしていきたいと考えています。

タイトルとURLをコピーしました