FXドル円 今週のトレード戦略

FX_第一章【基礎を学ぶ】

先週の振り返りと、今週の戦略についてまとめておきます。

8/7週も前週と同じく前提は押し目を探してのロングエントリーを狙ってトレードをする作戦でいました。週足が上向きで、ファンダ的にも状況変わらずですので、よほどのことがない限りは目線はうえで固定しています。

そもそも日米の金利差から円安ドル高の傾向になりやすいため、ロングは最悪ポジションが悪くてもいつか助かる公算が高いので気が楽です。

実際の値動きとしては、目線は上で合っていたのでおおむね狙い通りの戦略で間違いは無さそうでした。しかし今週は押し目らしいところが見つけられずに5日で4円の上昇を見せました。

トレード実績としては予定通りロング戦略でやっておりましたが、先週持ち越したロングのポジションを損切りしてから週のスタートになりました。

損切は先週末に決めていたことですので、結果的には失敗でしたが後悔はありません。含み損後大きくなるまで保持してしまったことを後悔しています。

その損切以外についてはほぼほぼ狙い通りトレードできていましたので、損切分をだいぶ取り戻すことができました。

しかしぐいぐい上げてくれるのでエントリーポイントが見つけにくく、エントリー回数は少なくなっています。

それでは振り返っていきます。

先週の相場振り返り

画像に示してあるのは、ドル円4時間足のチャートです。先週の範囲は4時間足だと30本分です。

インジケータは移動平均線。平均線を3本表示してありますがそれぞれ以下のようになっています。

 ・水色線:12sma(2日間分)

 ・赤色線:30sma(5日間分=1週間分)

 ・緑色線:120sma(20日分=1か月分)

 ・桃色線:200sma

オシレータはMACDで設定は画像の通りです。

月曜日から金曜日までずっと上昇し続けていました。MACDのクロスも示唆していましたので、振り返ると納得のできる範囲ですがRSIが80を超えていて来週は多かれ少なかれの調整あるような気がします。

目線としては上ですが、節目の145円付近でのクローズということもあり、このラインを突破できるのか注目です。

もし突破するようなら再び押し目をつけるまでは様子見。

いったん跳ね返されるようならトレンド転換も疑わなければなりませんが、基本的には上目線の中で押し目買いを繰り返します。

先週の実績【良かった点と悪かった点】

得意の月曜日損切開始パターンでした。

週トータルはマイナスでクローズです、先週金曜日の向きになった自分が悪いので来週また同じことをしないように堅実にやっていきます。

週としては、流れが一方的だったこともありエントリーポイントが見つけられずに苦労していました。

結果的にはエントリーはここ最近で最小の12回。こうなってくると利益幅も当然取れないので月曜日の大きな損切を跳ね返すことができませんでした。

良かった点は、損切を確実に実行したこと。

週末に考える時間があったので、一思いに実行することができました。ロットが大きくなっていたので、結果的には失敗でしたが前向きにとらえています。

悪かった点は、利確が早かったこと。

これは悪かった点ではないのかもしれないですが、単純に実力不足から明確な根拠なくエントリーと決済をしていると思っています。

もちろん根拠は持つようにしていますが、根拠が崩れた時に適切に行動がとれていない場合が多くあることが問題と認識しています。改善ポイントです。

保有ポジションはないので、来週は145円攻防戦の結果をよく見極めてから勝ち馬に乗る戦略で行きます。

月曜日から金曜日のチャート

基本的には朝8時過ぎにTwitterでその日の展望などをツイートしていますが、その時に乗せた画像を並べてみます。月曜日から金曜日の5枚の画像です。

目線確認をするために、週足/日足/4時間足/1時間足の20maとMACDを並べて目線確認をしています。

週足は上で固定されていますが、今週はよく上昇した週でした。本来はこういうトレンド相場が得意な手法でやっているので利益大きく取れてないといけないのですが、どうしても高値圏という認識が邪魔をしていたので深い押し目を待っていました。

今週の展望

展望については先週と全く変わりません。しかし145円という節目目前でクローズしていることから月曜日にこのラインを突破するのかどうかが流れを決めることになります。

まずはこの攻防戦の行方を見極めていきたいと考えています。エントリーは控えます。

来週はお盆休み前ということもあり、これまでの円安傾向の調整による円高が進む可能性があると考えています。しかし、基本線は、週足トレンドと日米金利差からの円安ドル高方向の目線は変えません。

MACDなのかRSIなのかダウ理論なのか、いずれにしても明確な根拠が出てから、下落後の上昇トレンドに乗っかっていきたいと考えております。

来週も引き続き、ショートエントリーは極力控えるようにして、ロングでポジション展開していきます。

タイトルとURLをコピーしました