FXドル円 今週のトレード戦略

FX_第一章【基礎を学ぶ】

先週の振り返りと、今週の戦略についてまとめておきます。

8/21週は、過去数週間と違ってドル円はいったん天井をつけて下落していく想定でチャートを見ていました。前提として、週足は上向きで、ファンダ的にも状況変わらずですので、よほどのことがない限りは目線は上で固定しています。日足MACD、RSIが買われすぎ水準を超えており、さらに146.5円を明確に突破できていないことから調整での下落があるとにらんでいました。

今週も値動きはプラスマイナス1円程度とかなり小さく、直近の高値と安値を共に更新するなど、狙いの定めにくい相場環境となっていました。

トレード実績としては基本ロング目線、ショートも織り交ぜていく計画でいたのですが、エントリーチャンスがなく先週に引き続き過去最少トレード回数になったかと思います。金曜日に勝負どころと判断してのショートのナンピンエントリーをしています。

結果的には金曜夜の有識者の発言によりドルが買われる展開となり、含み損でクローズしておりますが、ショート目線では引き続きありますので根拠が崩れるまでは保有していくつもりです。

それでは振り返っていきます。

先週の相場振り返り

画像に示してあるのは、ドル円4時間足のチャートです。先週の範囲は4時間足だと30本分です。

インジケータは移動平均線。平均線を3本表示してありますがそれぞれ以下のようになっています。

 ・水色線:12sma(2日間分)

 ・赤色線:30sma(5日間分=1週間分)

 ・緑色線:120sma(20日分=1か月分)

 ・桃色線:200sma

オシレータはMACDで設定は画像の通りです。

前述のとおり、直近の高値および安値の更新はありましたが、週を通して値動きが小さかったです。

4時間足で見てみてもMACDのデッドクロスがあったり、先週からRSIは80を超えていたりしてたので下落を警戒していましたが、想定していたような大きな下落はありませんでした。

しかし、日足のRSIが80を超えてきたので、いずれにしても買われすぎで、そろそろ調整下落があってもよいと思っています。来週こそは大きな下落を疑っています。

先週の実績【良かった点と悪かった点】

決済回数は4回、それもすべて建値付近での決済となったので利益は出ませんでした。

先週に引き続きなかなかエントリーポイントが見つからずに苦労していました。その中でも金曜日はショート目線の中でぐいぐい上昇していったのでチャンスと見てショートのナンピンエントリーをしています。

良かった点は、特にないです。強いてあげるのであれば損切が早かったので、プラスで終われたことでしょうか。

悪かった点も、特になかったです。少し心配はナンピンを指値でやっていたため、資金管理的にまずかったかなという思いもあります。根拠が崩れたら撤退しますが、最悪資金の20%~30%くらいが損切り額になってしまいそうです。ロットは半分にしておいたほうがよかったかもしれません。

しかしもともと強い根拠と判断してのことですので、利益を大きくとっていくためにはある程度のリスクも負う必要はあると思っています。今回はそれだけの根拠がそろっていたので、崩れてしまったら仕方なしです。反省して次に生かす以外にありません。

月曜日から金曜日のチャート

基本的には朝8時過ぎにTwitterでその日の展望などをツイートしていますが、その時に乗せた画像を並べてみます。月曜日から金曜日の5枚の画像です。

目線確認をするために、週足/日足/4時間足/1時間足の20maとMACDを並べて目線確認をしています。

週足は上で固定されていますが、先週はどちらかといえば下落を疑っていて、かなり慎重にトレードするように考えていました。金曜日にかなり強い値動きをしていたので自信度は下がりましたが、引き続き下落を疑っています。明確に146.5円を超えるようでしたら撤退します。

今週の展望

今週も引き続き買われすぎの状況から、調整のための下落を疑っていきます。

一方で繰り返しになりますが、週足レベルでの目線がまだ上で見ていますので、下落があっても一時的なものと考えもあります。

現在保有中のショートポジションは今のところ含み損となっていますが、根拠が崩れるまでは長期保有で考えています。

新しいポジションをとることは今のところ考えていませんですが、損切にかかった場合は目線を上に戻すのかどうかよく考える必要がありますので、そのままエントリーは控える可能性が大きいです。

あまりに強い上昇トレンドが出た場合に限りエントリーしていきます。

来週はやることがないくらいのほうがありがたいです、しかし根拠が崩れてしまった場合はしっかり損切りを入れていきます。

タイトルとURLをコピーしました